忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

福寿草(フクジュソウ)

福寿草(フクジュソウ)はキンポウゲ科フクジュソウ属の多年草である。
フクジュソウ属は北半球に20種くらいある。
福寿草(フクジュソウ)は日本固有種である。
北海道から本州にかけて分布し、林の中や林の縁に生える。
また、栽培をされる。
正月用の花は促成栽培をされたもので、元日草(ガンジツソウ)とも呼ばれる。
旧暦の正月に開花することからつけられた名である。
乱獲によって自然のものは個体数を減らしている。
環境省のレッドデータブックで、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されていたこともある。
草丈は15~30センチくらいである。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で細く裂け、互い違いに生える(互生)。
人参(ニンジン)の葉に似ている。
野生のものの開花時期は2~4月である。
下部に茎を包んでいた大きな鱗片(葉の変形したもの)が残り、その脇から花茎を伸ばす。
1つの花茎に1~4輪の花をつける。
花の色は鮮やかな黄色である。
花径は3~4センチあり、花びら(花弁)は20~30枚ある。
萼片は開花時期には花弁よりも長い。
成長した花では花弁と同じくらいの長さで、紫色を帯びる。
雄しべと雌しべはたくさんある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
四国と九州には四国福寿草(シコクフクジュソウ)が分布する。
俳句の季語は新年である。
属名の Adonis はギリシャ神話に出てくる青年の名からきている。ヨーロッパ産の赤い花を血にたとえたものである。
種小名の ramosa は「枝分かれした」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Adonis ramosa


★緑葉にくるまれて咲く福寿草
 春の歓び歌うが如く
☆こんもりと茂る葉中の福寿草
 弾む心は花を見つけて


福寿草(フクジュソウ)

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]