忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 03  2018/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[962] [961] [960] [959] [958] [957
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



薬玉詰草(クスダマツメクサ)はマメ科シャジクソウ属の一年草である。
原産地はヨーロッパ、北アフリカ、西アジアである。
日本では、1943年に横浜で帰化が確認された。
現在では、北海道から沖縄にかけて点在している。
北海道のブルーリストではBランクに指定されている。
和名の由来は、花序の様子を薬玉(香料を入れた飾り玉)にたとえたものである。
別名をホップ詰草(ホップツメクサ)という。
これは牧野富太郎博士の命名で、花序の様子をビールの原料に使われるホップにたとえたものである。
草丈は20~40センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の半分から先にかけて低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
また、頂小葉には短い柄があり、近縁種の手毬詰草(テマリツメクサ:Trifolium aureum)との相違点である。
開花時期は6~8月である。
黄色い小さな蝶形の花が50~60個集まって球形の花序をつくる。
花序径は1~2センチある。
近縁種の米粒詰草(コメツブツメクサ:Trifolium dubium)よりも花序がずっと大きい。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Trifolium はラテン語の「treis(3)+folium(葉)」からきている。葉が三小葉でできていることから名づけられた。
種小名の campestre は「原野に生える」という意味である。
写真は6月に木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Trifolium campestre


★似た花がいろいろあるねこの仲間
 どれがどれやらちんぷんかんぷん




花図鑑
植物図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル








PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]