忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



チューリップはユリ科チューリップ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方から中央アジアにかけた一帯である。
17世紀のオランダで熱狂的なブームを巻き起こした。
今日では園芸品種の数は4000種を超えるという。
桃太郎(モモタロウ)もその中の1つである。
富山県で育成された品種である。
中生咲き(4月中旬から5月上旬)のダーウィンハイブリッド系(DH:Darwin Hybrids)に含まれる。
ゲスネリアナ種(Tulipa gesneriana)のダーウィン系を種子親とし、フォステリアナ種(Tulipa fosteriana)を花粉親とする種間交雑種である。
草丈は中茎(40センチから55センチ)である。
根際から生える葉は帯状である。
花の色はピンクで、花冠の底は白い。
写真は4月に砺波チューリップ公園で撮った。
学名:Tulipa 'Momotaro'


★日の本の名をいただいた桃太郎
 色鮮やかな姿を見せて




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル








PR


神宮躑躅(ジングウツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
愛知県、三重県に分布し、塩基性岩地に生える。
環境省のレッドデータリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
静岡県に分布する渋川躑躅(シブカワツツジ)と同一とする見解もあるようだが、環境省のレッドデータリストでは両者を区別し、それぞれを絶滅危惧II類(VU)に登録している。
また、YListも別種としている。
和名の由来は、伊勢神宮付近に生えることからきている。
樹高は1~5メートルくらいである。
葉は菱形で、3枚の葉が枝先に輪生状に互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~6月である。
葉の展開した後に開花する。
枝先に2~4輪くらいずつ濃いピンクの花をつける。
花径は4センチくらいである。
花冠は漏斗状で、深く5つに裂ける。
上部裂片の内側に濃い色の斑点がある。
毛は生えていない。
雄しべは10本で、短いものと長いものがある。
葯(雄しべの花粉を入れる袋)の色は紫褐色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の sanctum は「神聖な」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron sanctum


★いつの日か見たいと思ったこの躑躅
 出合いの歓び噛み締めながら




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル









チューリップはユリ科チューリップ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方から中央アジアにかけた一帯である。
17世紀のオランダで熱狂的なブームを巻き起こした。
今日では園芸品種の数は4000種を超えるという。
ロイヤルテン(Royal Ten)もその中の1つである。
晩生咲き(4月下旬から5月)のトライアンフ系( T:Triumph)に含まれる。
トライアンフ系は一重早咲き系と一重晩生咲き系の交雑で生まれた品種で、花被片が大きく、草丈は高く、花色も豊富である。
草丈は長茎(55センチから60センチ)である。
根際から生える葉は帯状である。
花の色はピンクで、花冠の底は白い。
写真は4月に国営昭和記念公園で撮った。
学名:Tulipa 'Royal Ten'


★品の良い色と形に笑み漏れる
 ロイヤルテンは花の王様




花図鑑
植物図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル










小岩桜(コイワザクラ)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
本州の関東地方西南部から中部地方の南部にかけてと紀伊半島に分布し、岩場に生える。
富士山周辺、箱根、丹沢山など限られた範囲に自生するフォッサマグナ要素の植物の1つである。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は5~10センチくらいである。
根際から生える葉は腎円形である。
花の咲くころには直径1~3センチ、実のなるころには直径7センチくらいになる。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
両面に軟毛が生えているが、表面の毛は後になくなる。
開花時期は5月ころである。
花茎を伸ばして紅紫色の花を咲かせる。
花径は2~3センチである。
花冠は5つに深く裂け、それぞれの裂片の先は2つに裂ける。
花の真ん中は淡い黄橙色をしている。
萼片は5枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の reinii は日本で植物を採集した「ライン(Rein)さんの」という意味である。
写真は10月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Primula reinii


★春風にゆらゆら揺れて花つける
 小岩桜は産毛を生やし




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




桜草(サクラソウ)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、河原や山間の低湿地、草原などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国の東北部、東シベリアなどにも分布する。
また、300ほどの園芸品種があり、その半数は江戸時代に改良されたものである。
駒止(コマドメ)もそうした園芸品種の1つである。
本種は江戸時代の末期に作出された。
さくらそう会の認定番号は073である。
よく普及した品種の1つである。
草丈は15センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は楕円形で皺が多く、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の裏には毛が生えている。
開花時期は4月から5月である。
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、中輪花(花径3~4センチ)をたくさんつける。
花冠の表側も裏側も淡い桃色で、移り白(やがて白くなる)である。
花形は広桜弁、花のつき方は平咲き、受け咲き、雌しべの形は短柱花である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の sieboldii は日本植物の研究者「シーボルトの」という意味である。
写真は4月に太田市大光院の関東山野草展で撮った。
学名:Primula sieboldii 'Komadome'


★馬を止め思わず見入る可憐さが
 由来と聞いて頬も緩んで




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




鯛釣草(タイツリソウ)はケシ科コマクサ属の多年草である。
分類体系によってはケマンソウ科とされる。
原産地は中国、朝鮮半島である。
中国北部の河北省、四川省や朝鮮半島の山地で見られる。
寒さには強いが、夏の高温と乾燥を嫌う。
草丈は50~80センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で羽状に3つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。
花期は4~6月である。
茎先に長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、ハート形をした白やピンクの花を垂れ下げてつける。
名の由来は、垂れた花の姿を釣り竿にかかった鯛に見立てたものである。
花径は3センチくらいである。
花弁は4枚で、外側の2枚は心臓形、内側の2枚は先が突き出る。
萼片は2枚で、早くに落ちる。
花の後にできる実は細長いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
標準和名は華鬘草(ケマンソウ)という。
これは仏具の華鬘に見立ててつけられた名である。
華鬘は寺院のお堂の中にかける透かし彫りの飾りのことで、金・銅・革などを材料に花鳥・天女などを透かし彫りにするものである。
俳句では春の季語である。
属名の Dicentra はギリシャ語の「dis(二)+centron(距)」からきている。2枚の花弁に距が突き出していることから名づけられた。
種小名の spectabilis は「素晴らしい」という意味である。
写真は3月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Dicentra spectabilis


★好きなのとハートピンクに染めながら
 鯛釣草はそっと告白
☆イヤリング耳を飾って鯛釣草
 ハートの花は恋のときめき




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




片栗擬き(カタクリモドキ)はサクラソウ科カタクリモドキ属(ドデカテオン属)の多年草である。
アメリカ合衆国の東部から中部にかけて分布し、高原や草原のやや湿ったところに生える。
英名をプライドオブオハイオ(pride of Ohio)という。
日本へは昭和時代の初期に渡来した。
草丈は30~50センチくらいである。
根際から生える葉は楕円形で、ロゼット状となる。
開花時期は4~6月である。
花茎を伸ばして、紅紫色の花を下向きにつける。
花びらは反り返る。
白花もある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名のドデカテオンの名でも流通している。
別の英名はシューティングスター(shooting star)で「流れ星」の意味がある。
属名の Dodecatheon はギリシャ語の「dodeka(12)+theos(神)」(オリンポスの12神)からきている。
種小名の meadia は「草原の」という意味である。
写真は4月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Dodecatheon meadia


★背が高く葉っぱの形も違うけど
 片栗擬きの名をいただいて




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




チューリップはユリ科チューリップ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方から中央アジアにかけた一帯である。
17世紀のオランダで熱狂的なブームを巻き起こした。
今日では園芸品種の数は4000種を超えるという。
フォックストロット(Foxtrot)もその中の1つである。
中生咲き(4月中旬から5月上旬)の早咲き八重系(DE:Double Early Group)に含まれる。
草丈は中茎(40センチから55センチ)である。
根際から生える葉は帯状である。
花の色はピンクである。
写真は4月に国営昭和記念公園で撮った。
学名:Tulipa 'Foxtrot'


★もう少し綺麗な姿撮りたいな
 これは宿題来年きっと




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




チューリップはユリ科チューリップ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方から中央アジアにかけた一帯である。
17世紀のオランダで熱狂的なブームを巻き起こした。
今日では園芸品種の数は4000種を超えるという。
ピンクインプレッション(Pink Impression)もその中の1つである。
早生咲き(3月下旬~4月中旬)のダーウィンハイブリッド系(DH:Darwin Hybrids)に含まれる。
ゲスネリアナ種(Tulipa gesneriana)のダーウィン系を種子親とし、フォステリアナ種(Tulipa fosteriana)を花粉親とする種間交雑種である。
草丈は長茎(55~60センチ)である。
根際から生える葉は帯状である。
花の色は鮮やかなピンクの大輪である。
写真は4月に国営昭和記念公園で撮った。
学名:Tulipa 'Pink Impression'


★鮮やかなピンクの色が春を呼ぶ
 インプレッションは早咲きの花




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]