忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 08  2018/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メリケン葎(メリケンムグラ)

メリケン葎(メリケンムグラ)はアカネ科オオフタバムグラ属の一年草である。
原産地は北アメリカである。
日本へは戦後に侵入し、本州の関東地方から九州にかけて帰化している。
生育地は、水田の畦道や川原である。
草丈は10~80センチくらいである。
茎の断面は四角形で、地面を這って広がる。
葉は細長い楕円形で向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6~9月である。
葉の脇に花径1センチくらいの白い小さな花をつける。
花冠は筒形で、先は4つに裂ける。
一日花である。
花冠の内側には毛が生える。
雌しべは花冠から飛び出している。
属名の Diodia はギリシャ語の「diodos(通過する)」からきている。
種小名の virginiana は「バージニアの」という意味である。
写真は9月に木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Diodia virginiana


★なかなかに可愛い花の咲き方と
 名の可笑しさに笑みの零れて


メリケン葎(メリケンムグラ)

花図鑑
植物図鑑






PR
金水引(キンミズヒキ)

金水引(キンミズヒキ)はバラ科キンミズヒキ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、林の縁や山道沿いなどに生える。
海外では、サハリン、朝鮮半島、中国、インドシナ半島などにも分布する。
中国名を龍牙草という。
タンニンを多く含み、下痢止めなどの薬草になる。
和名の由来は、黄色い小さな花をつける穂を熨斗袋(のしぶくろ)につける金色の水引に見立てたものである。
似たような命名では、タデ科に赤い花穂をつける水引(ミズヒキ)がある。
草丈は30~90センチくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は楕円形である。
小葉の縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)があり、裏面には腺点(蜜などの粘着物質を出す腺が突起したもの)がある。
開花時期は7~10月である。
茎の先に細長い穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな5弁花をたくさんつける。
花びら(花弁)は丸みがある。
萼片も5枚ある。
雄しべは12本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
実には長さ3ミリくらいの棘がたくさんあり、動物などにくっついて散布される。
属名の Agrimonia はギリシャ語の「argemone(アザミゲシ属)」からきている。棘が多くて似ているためだが、転用する際に綴りを間違えたという。
種小名の pilosa は「軟毛のある」という意味である。
変種名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は8月に北大植物園で撮った。
学名:Agrimonia pilosa var. japonica


★ぶら下げた花の穂黄金に輝いて
 金水引は夏の野飾り


金水引(キンミズヒキ)

花図鑑
植物図鑑






黄花オランダ千日(キバナオランダセンニチ)

黄花オランダ千日(キバナオランダセンニチ)はキク科オランダセンニチ属の多年草である。
原産地は南アメリカである。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
観賞用、薬用、香辛料として栽培されている。
草丈は30~40センチくらいである。
茎は根元からよく枝分かれをする。
葉は濃緑色をした卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7~9月である。
楕円形をした黄色い花(頭花)をつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
辛味成分のスピラントールを含むが、その含量はオランダ千日(オランダセンニチ)よりも高い。
花、葉を香辛料として用いるほか、食欲増進剤などに用いられる。
属名の Spilanthes はギリシャ語の「spilos(まだら)+anthos(花)」からきている。この属に花床に斑点のあるものがあることから名づけられた。
種小名の oleracea は「食用蔬菜の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Spilanthes oleracea


★不思議なる花の形は楕円形
 咲いているのと首をかしげて


黄花オランダ千日(キバナオランダセンニチ)

花図鑑
植物図鑑






カナダ秋の麒麟草(カナダアキノキリンソウ)

カナダ秋の麒麟草(カナダアキノキリンソウ)はキク科アキノキリンソウ属の多年草である。
原産地はカナダの東北部で、空き地や道端などに生える。
日本でも園芸用に栽培されるものが逸出し野生化し、北海道や本州北部に分布している。
草丈は40~120センチくらいである。
茎は硬く、直立をする。
葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7~9月である。
茎先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、黄色い小さな花(頭花)をたくさんつける。
花は真ん中に筒状花があり、周りに舌状花がつく。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Solidago はラテン語の「solidus(完全)+接尾語の ago(状態)」からきている。この属のある植物の傷薬としての評判からきたものと思われる。
種小名の canadensis は「カナダの」という意味である。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Solidago canadensis


★目の前の利益に走る手軽さが
 自然破壊の火種を生んで


カナダ秋の麒麟草(カナダアキノキリンソウ)

花図鑑
植物図鑑






オランダ千日(オランダセンニチ)

オランダ千日(オランダセンニチ)はキク科オランダセンニチ属の多年草である。
原産地は南アメリカである。
日本へは江戸時代の後期に渡来した。
本来は多年草だが、耐寒性が弱いため園芸上は一年草として扱われる。
草丈は30~40センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には山椒(サンショ)のような刺激的な風味があり、香辛料とする。
開花時期は7~9月である。
筒状花だけからなる卵形をした緑黄色の花(頭花)を咲かせる。
花の後にできる実は扁平なそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
頭花にはスピラントールという辛味成分を含み、リウマチ、痛風の薬になる。
和名の由来は、センニチソウ(千日草)に似ていてオランダから伝わったということからきている。
属名の Spilanthes はギリシャ語の「spilos(まだら)+anthos(花)」からきている。この属に花床に斑点のあるものがあることから名づけられた。
種小名の acmella は「(元属の名)辛い」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Spilanthes acmella


★不思議なる花の姿が可愛いと
 オランダ千日人気を呼んで


オランダ千日(オランダセンニチ)

花図鑑
植物図鑑






大雁首草(オオガンクビソウ)

大雁首草(オオガンクビソウ)はキク科ガンクビソウ属の多年草である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地の林の中などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国の東北部にも分布する。
草丈は50~100センチくらいである。
茎や葉には毛が多い。
葉は卵状の楕円形で先が少し尖り、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8~10月くらいである。
枝分かれした茎先に黄色い頭花をつける。
花径は3~4センチほどあり、並外れて大きい。
下を向いているものが多いが、上を向いているものもある。
頭花のつけ根には苞葉がたくさんある。
頭花はたくさんの筒状花からなる。
花の後にできる実はそう果(果実の中に1つだけ種子があり開かない)である。
冠毛はなく粘液を出して付着し運ばれる。
サイズが大きいのでやつかいな「ひっつき虫」である。
ガンクビソウの名の由来は、花の様子をキセルの「雁首」に見立てたものである。
ガンクビソウに比べて花が大きいのでこの名前がついた。
属名の Carpesium はギリシャ語の「carpesion(蕎麦)」からきている。総苞片の様子が蕎麦に似るためと思われる。
種小名の macrocephalum は「頭の大きな」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Carpesium macrocephalum


★異次元へ迷い込んだと錯覚す
 大雁首草迫力の花


大雁首草(オオガンクビソウ)

花図鑑
植物図鑑






大苦菜(オオニガナ)

大苦菜(オオニガナ)はキク科フクオウソウ属の多年草である。
「苦菜」の名がつくが、ニガナ属とは分類が異なる。
本州の東北地方から近畿地方にかけて分布し、限られた湿地に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は50~150センチくらいである。
葉は互い違いに生え(互生)、葉の柄には長い翼がある。
葉は羽状分裂をし、先の裂片が大きく、つけ根に近づくほど小さくなる。
葉の先は尖り、つけ根は茎を抱く。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8~10月である。
花径3~4センチくらいの大きな黄色い頭花は、数多い舌状花からなる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Prenanthes はギリシャ語の「prenes(下垂した)+anthos(花)」からきている。頭花のつき方から名づけられた。
種小名の tanakae は信州の植物を研究した「田中貢一さんの」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Prenanthes tanakae


★堂々と花びら広げ大苦菜
 湿原に咲く花美しく


大苦菜(オオニガナ)

花図鑑
植物図鑑






大泡立草(オオアワダチソウ)

大泡立草(オオアワダチソウ)はキク科アキノキリンソウ属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
日本へは明治時代に観賞用として渡来した。
今では各地に野生化して繁殖している。
草丈は50~150センチくらいである。
茎に毛は生えるが脱落しやすく、枝先付近に微毛が生える他は無毛である。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉先のほうの縁に不ぞろいなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質やや硬く、無毛でざらつかない。
開花時期は7~9月である。
茎先に黄色い花(頭花)を穂状につける。
花の周りには舌状花、真ん中には浅く5つに裂ける筒状花がある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
近縁種の背高泡立草(セイタカアワダチソウ)とよく似ているが、大泡立草(オオアワダチソウ)は開花時期が早いこと、茎や葉にはほとんど毛がないことなどで見分けられる。
和名の由来は、泡立草(アワダチソウ)に似ていて大形であることからきている。
泡立草(アワダチソウ)というのは秋の麒麟草(アキノキリンソウ)の別名である。
属名の Solidago はラテン語の「solidus(完全)+接尾語の ago(状態)」からきている。この属のある植物の傷薬としての評判からきたものと思われる。
種小名の gigantea は「巨大な」という意味である。
変種名の leiophylla は「滑らかな葉の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Solidago gigantea var. leiophylla


★夏空もものともせずに花つけて
 荒れ地大好きここは我が国


大泡立草(オオアワダチソウ)

花図鑑
植物図鑑






一寸金花(イッスンキンカ)

一寸金花(イッスンキンカ)はキク科アキノキリンソウ属の多年草である。
九州の屋久島にだけ分布する固有種である。
山頂近くの岩場や草地に生える。
別名を屋久島一寸金花(ヤクシマイッスンキンカ)という。
草丈は5~10センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形である。
開花時期は8~9月である。
茎先に小さな黄色い花(頭花)を密につける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Solidago はラテン語の「solidus(完全)+接尾語の ago(状態)」からきている。この属のある植物の傷薬としての評判からきたものと思われる。
種小名の minutissima は「とても小さい」という意味である。
写真は10月に六甲高山植物園で撮った。
学名:Solidago minutissima


★一寸の花の命の尊さを
 肌身に感ず一寸金花


一寸金花(イッスンキンカ)

花図鑑
植物図鑑






青柳花(アオヤギバナ)

青柳花(アオヤギバナ)はキク科アキノキリンソウ属の多年草である。
秋の麒麟草(アキノキリンソウ)とよく似ており、その変種として位置づけられたこともある。
現在は独立種とされているが、典型的な渓流植物である。
日本固有種である。
本州から沖縄にかけて分布するが、生育域が限られていることもあり、絶滅危惧種に指定する県も多い。
和名の由来は、細長い葉を柳にたとえたものである。
草丈は20~50センチくらいになる。
開花時期は8~10月である。
茎の先にたくさんの黄色い花を穂状につける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Solidago はラテン語の「solidus(完全)+接尾語の ago(状態)」からきている。この属のある植物の傷薬としての評判からきたものと思われる。
種小名 yokusaiana は江戸時代の本草学者「飯沼慾斎さんの」という意味である。
写真は10月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Solidago yokusaiana


★渓流の瀬音が似合う花姿
 青柳花はしなやかに咲き
☆川岸の青柳花は揺れており
 姿は似ても消え行く花と


青柳花(アオヤギバナ)

花図鑑
植物図鑑






カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]