忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 08  2018/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1] [2] [3] [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
宇治の里(ウジノサト)はその園芸品種の1つである。
樹高は3~6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は1月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
野梅系・野梅性の白い八重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
花弁はちぢれていて、抱え咲き(花弁の先が内側に曲がり、雄しべを包むようになる)をする。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に墨田区文花の香取神社香梅園で撮った。
学名:Prunus mume 'Ujinosato'


★カールする花びら可愛い宇治の里
 恥ずかしそうに雄しべを見せて




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


PR


大白猩々袴(オオシロショウジョウバカマ)はユリ科ショウジョウバカマ属の常緑多年草である。
分類体系によってはシュロソウ科とされる。
日本固有種である。
鹿児島県の徳之島から琉球列島にかけて分布し、沢沿いの岩場に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は10センチから30センチくらいである。
根際から生える葉はへら形で、ロゼット状に地面に広がる。
開花時期は1月から3月である。
花茎を出し、その先に10輪から20輪くらいの花を横向きにつける。
花被片は6枚である。
花の色は白く、紫色が交じる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
なお、「猩々」というのは中国の伝説上の動物で、花の姿をたとえたものである。
属名の Heloniopsis はギリシャ語の「Helonias(ショウジヨウバカマ属)+opsis(似た)」からきている。ただし、どちらもショウジョウバカマ属とされている。
種小名の leucantha は「白い花の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Heloniopsis leucantha


★遠目には変哲もない姿だが
 近づき見ればまるで宝石




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




ペルティフィルム・ペルタツムはユキノシタ科ペルティフィルム属(ダルメラ属)の多年草である。
ダルメラ・ペルタタ(Darmera peltata)とシノニムである。
原産地は北アメリカである。
オレゴン州からカリフォルニア州にかけて分布し、高山の渓流沿いに生える。
草丈は60~120センチくらいである。
葉は長さが40~60センチくらいあって丸く大きく、手のひら状に切れ込む。
葉の色は淡い緑色で、まるで傘のようである。
開花時期は3~4月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
丸い大きなボール状の花房に、淡い紅色を帯びた白い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
英名はアンブレラプラント(umbrella plant)である。
属名の Peltiphyllum はギリシャ語の「pelta(楯状の)+phyllum(葉)」からきている。
種小名の peltatum は「楯状の」という意味である。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Peltiphyllum peltatum(=Darmera peltata)


★日本ではあまり知られぬ花だけど
 調べてみれば少しはわかる




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




姫榊(ヒサカキ)はツバキ科ヒサカキ属の常緑小高木である。
本州から沖縄にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国にも分布する。
和名の由来は、榊(サカキ)に似ていて小さいことから「姫榊」となり、それが訛って「ヒサカキ」になったと言われている。
また、榊(サカキ)に非ずで「ヒサカキ」という説もある。
関東地方では榊(サカキ)として売られ、神棚に供えられる。
樹高は4~8メートルくらいである。
樹皮は灰褐色をしている。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3~4月である。
雌雄異株である。
葉の脇に直径5~6ミリの小さな白い花を下向きにつける。
花弁は5個で、雄花には雄しべが10~15個、雌花には雌しべが1個ある。
花の後にできる実は直径4~5ミリの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、10~12月に黒く熟する。
属名の Eurya はギリシャ語の「eurys(広い)」からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
実の写真は12月に北の丸公園で撮った。
学名:Eurya japonica


★葉の下に小さな花をびっしりと
 つけて姫榊春の微笑み






植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




梅花黄蓮(バイカオウレン)

梅花黄蓮(バイカオウレン)はキンポウゲ科オウレン属の多年草である。
福島県以南から紀伊半島にかけた本州の太平洋側と四国に分布し、山地の林の中や渓谷などに生える。
海外では、台湾にも分布する。
草丈は10~15センチくらいである。
葉は根から生えて長い柄があり、5枚の小葉に分かれる。
艶のある葉は常緑で、花の後に若葉が出る。
開花時期は3~5月である。
5~10センチの花茎を伸ばし、花径1センチくらいの梅に似た白い五弁花を咲かせる。
ただし、花弁のように見えるのは萼片である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
オウレン属は原始的な植物と言われ、矢車状に並んだ果実の先は開いていて、そこから種子がこぼれる。
別名を五加葉黄連(ゴカヨウオウレン)という。
属名の Coptis はギリシャ語語の「coptein(切る)」からきている。分裂した葉を表すものと思われる。
種小名の quinquefolia は「5枚の葉の」という意味である。
写真は3月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
学名:Coptis quinquefolia


★小さくてぞっとするほど美しい
 梅花黄蓮原始の響き


梅花黄蓮(バイカオウレン)

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


白鳩椿(シラハトツバキ)

白鳩椿(シラハトツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
原産地は中国である。
江蘇省、安徽省、浙江省、福建省、江西省などに分布し、山地の斜面に生える。
日本へは1960年にアメリカ経由で渡来した。
小形の椿を作り出すための交配親として活躍している。
読み方は「シロハトツバキ」とするものもある。
漢名は「連蕊茶」である。
学名からカメリア・フラテルナとするものもある。
樹高は1~5メートルくらいである。
葉は長さ4~5センチ、幅15~20ミリの小さめの長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には柄があり、つけ根の部分はくさび形で、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は濃い緑色で、裏面には軟らかい毛が生える。
開花時期は3月である。
花の色は白く、花径は3~4センチくらいである。
花びらは5枚で、横に平らに開く。
咲き進むと花びらの先は後ろに反り返るようになる。
花にはわずかに香りがある。
花の後にできる実はほぼ球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、先が少し尖る。
属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の fraterna は「兄弟のような」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia fraterna


★小さくも優しき姿美しく
 種を増やしゆく白鳩椿


白鳩椿(シラハトツバキ)

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


プリンセス・アレキサンドラ

マレーシア石楠花(マレーシアシャクナゲ)はツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
南アジアからオセアニアにかけて分布し、熱帯地域の高山に生える。
属名のビレアの名でも流通している。
プリンセス・アレキサンドラ(Princess Alexandra)はその園芸品種である。
樹高は1~2メートルである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は分厚く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は春と秋の2回である。
小輪系でたくさんの花をつけるのが特徴である。
花冠は筒状で細長く、先が5つに裂けて横に開く。
花の色は白く、低温期にはピンクを帯びる。
花冠は分厚くて皺はなく、花持ちもよい。
他の樹木や岩の上などに着生するのも特徴である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
種小名の vireya は「ビレー(J. J. Virey)さんの」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Rhododendron vireya 'Princess Alexandra'


★小さくて白い姿が清楚だね
 熱帯に咲く花と思えず


プリンセス・アレキサンドラ

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


馬酔木(アセビ)

馬酔木(アセビ)はツツジ科アセビ属の常緑低木である。
日本原産で、古くは万葉集の中にも登場する。
枝葉に「アセボチン」という有毒成分を含んでいて、馬が食べると麻酔状態になるというので「馬酔木」と名づけられた。
しかし、実際には馬が食べることはないようである。
奈良公園の鹿も馬酔木は食べ残すという。
本州の東北地方から九州にかけて分布し、山野に生える。
また、庭木ともされる。
海外では、中国にも分布する。
樹高は2から4メートルくらいである。
葉は楕円形で、互生(互い違いに生える)。
葉の先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は濃い緑色で毛が生えている。
開花時期は2月から4月くらいである。
濃緑色の葉が茂る枝先に壺形の白い小花を総状にたくさんつける。
花冠の先は浅く5つに裂けている。
花の色は、緑や黄色みを帯びたものや桃色、赤などの園芸品種もある。
葉は殺虫剤として利用され、材は床柱などの細工物に使われる。
アシビ、アセボ、アセミなどの別名がある。
「馬酔木の花」は俳句の季語で春である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Pieris japonica


★枝先に春の訪れ知らせんと
 響く鈴の音うららかにして
☆シャンシャンと鈴の音高く馬酔木咲く
 ここよここよと春呼び寄せて


馬酔木(アセビ)

今日の花ドットコム
花図鑑
白花蒲公英(シロバナタンポポ)

白花蒲公英(シロバナタンポポ)はキク科タンポポ属の多年草である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、人家の近くなどに普通に生える。
最近では関東地方でも見かけるが、どちらかというと西日本に多い。
草丈は10~30センチくらいである。
地際に切れ込みのある葉をロゼット状に広げる。
開花時期は3~5月である。
葉の中央から真っ直ぐに伸びた茎の先に花をつける。
花径は4センチくらいである。
花びらはすべて白い舌状花からなる。
萼のような総苞片はやや反り返る場合もあるが、ほとんどめくれない。
写真は4月に神代植物公園で撮った。
学名:Taraxacum albidum


★気のせいか弱弱しくも見えるけど
 白花蒲公英木陰が似合い


白花蒲公英(シロバナタンポポ)

今日の花ドットコム
花図鑑
無類絞り(ムルイシボリ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
無類絞り(ムルイシボリ)はその栽培品種の1つである。
野梅系・野梅性の八重咲きの大輪(花径30から40ミリ)である。
花弁は波打っている。
白い花弁に桃色が交じる。
名の由来は「これ以上はない絞り」という意味である。
開花時期は2月から3月である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Muruishibori


★これ以上言いようもなき褒め言葉
 江戸の時代に名づけられしか


無類絞り(ムルイシボリ)

今日の花ドットコム
花図鑑
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]