忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 06  2018/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[1] [2] [3] [4] [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蔓蕎麦(ツルソバ)

蔓蕎麦(ツルソバ)はタデ科イヌタデ属の蔓性多年草である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、海岸近くの草地から山地にかけて普通に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、フィリピン、タイ、マレーシア、インド、ネパールなどにも分布する。
茎は長く伸び、30~100センチくらいになる。
茎に毛は生えていない。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、裏面には脈がはっきり浮かぶ。
葉のつけ根の部分は切形である。
開花時期は5月から12月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を頭状に出し、小さな白い花をたくさんつける。
花径は4ミリくらいで、花はあまり開かない。
花弁はなく萼片5枚からなる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Persicaria はラテン語の「persica(モモ)」からきている。この属の植物の葉がモモの葉に似ていることから名づけられた。
種小名の chinensis は「中国の」という意味である。
写真は12月に夢の島公園で撮った。
学名:Persicaria chinensis


★おやこれは蔓蕎麦みたいに見えるけど
 ここに咲くかと半信半疑


蔓蕎麦(ツルソバ)

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


PR
メサデネラ・クスピダタ

メサデネラ・クスピダタはラン科メサデネラ属の多年草である。
コスタリカ、ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン、ペルーなどに分布する地生種である。
草丈は20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、根際に2枚生える。
葉には白い斑点が入る。
開花時期は秋である。
花径6ミリくらいの白い花を、捩花(ネジバナ)のように螺旋状につける。
唇弁は黄色い。
属名の Mesadenella の由来はまだ解明できていない。
種小名の cuspidata は「急に尖った」という意味である
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Mesadenella cuspidata


★ネジバナに近い仲間だメサデネラ
 渦巻く姿どこか愛しく


メサデネラ・クスピダタ

花図鑑
植物図鑑






薩摩野菊(サツマノギク)

薩摩野菊(サツマノギク)はキク科キク属の多年草である。
熊本県から鹿児島県にかけての海岸と屋久島に分布し、日当たりのいい場所に生える。
分布域は狭いが個体数は多いという。
栽培菊の原種の1つとなっている。
別名を薩摩野路菊(サツマノジギク)ともいう。
草丈は25~60センチくらいである。
茎は根際から束になって生え(束生)、上部で枝分かれをする。
茎には銀白色の毛が生える。
葉は広めの卵形で、羽状に浅く裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は緑色で縁が白く、裏面には銀白色の毛が生える。
開花時期は11~12月である。
舌状花は白く、真ん中の筒状花は黄色い。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Chrysanthemum はギリシャ語の「chrysos(黄金色)+anthemon(花)」からきている。
種小名の ornatum は「華美な」という意味である。
写真は10月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Chrysanthemum ornatum


★びっしりと白い花びら敷き詰めて
 薩摩野菊は宴迎えて


薩摩野菊(サツマノギク)

花図鑑
植物図鑑






フォリドタ・インブリカタ

フォリドタ・インブリカタはラン科フォリドタ属の多年草である。
中国南部、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インド、ソロモン諸島、オーストラリア、フィジーなどに分布する着生種ないし岩生種である。
愛称をガラガラヘビラン(rattlesnake orchid)という。
草丈は50センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、大きい。
開花時期は秋から冬である。
1センチに満たない小さな花が2列に並んで垂れ下がる。
花の色は白い。
属名の Pholidota はギリシャ語の「pholidotos(うろこのある)」からきている。
種小名の imbricata は「重なり合った」という意味である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Pholidota imbricata


★えっというニックネームに驚いて
 花を見つめる似ているかなと


フォリドタ・インブリカタ

花図鑑
植物図鑑






若狭浜菊(ワカサハマギク)

若狭浜菊(ワカサハマギク)はキク科キク属の多年草である。
日本固有種である。
福井県から鳥取県にかけて分布し、日本海側の海岸の岩場に生える。
竜脳菊(リュウノウギク)に近い仲間で、より大形である。
和名の由来は、若狭地方に多いことからきている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は40~80センチくらいである。
茎は細く、毛が密生する。
茎や葉にはよい香りのする精油が含まれる。
葉は広めの卵形で、3つに裂ける。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には毛が密生して灰白色を帯びる。
開花時期は10~12月である。
花径3~6センチの白い花(頭花)をつける。
真ん中の筒状花は黄色い。
白い舌状花は時を経ると淡い紅色を帯びる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Chrysanthemum はギリシャ語の「chrysos(黄金色)+anthemon(花)」からきている。
種小名の wakasaense は「若狭の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Chrysanthemum wakasaense


★荒波をものともせずに凛と咲く
 若狭浜菊ふくよかに燃え


若狭浜菊(ワカサハマギク)

花図鑑
植物図鑑






鷲敷菊(ワジキギク)

鷲敷菊(ワジキギク)はキク科キク属の多年草である。
徳島県の那賀川流域に分布する。
和名の由来は、最初の発見地である徳島県鷲敷町からきている。
那賀川野菊(ナカガワノギク)と島寒菊(シマカンギク)との自然交雑種である。
葉の形や色は島寒菊(シマカンギク)に似ているが、頭花の花色は白い。
草丈は30~50センチくらいである。
葉は羽状に3つから5つに中ほどまで裂ける。
葉の表面は緑色、裏面は淡い緑色をしている。
開花時期は11月である。
舌状花は白く、筒状花は黄色い。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Chrysanthemum はギリシャ語の「chrysos(黄金色)+anthemon(花)」からきている。
種小名の cuneifolium は「くさび形の葉の」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Chrysanthemum x cuneifolium


★交配で生まれたんだよ鷲敷菊
 白い花びら小振りに咲かせ


鷲敷菊(ワジキギク)

花図鑑
植物図鑑






シンビジウム・マスターシー

シンビジウム・マスターシーはラン科シュンラン属の常緑多年草である。
原産地は中国南西部、タイ、ミャンマー、ヒマラヤ、アッサム地方などである。
草丈は30センチくらいである。
葉は線形で細長く、60センチくらいまで伸びる。
開花時期は秋から冬である。
茎先に花径5~6センチの白い花をつける。
唇弁には黄色が交じる。
属名の Cymbidium はギリシャ語の「cymbe(舟)+eidso(形)」からきている。唇弁の形から名づけられた。
種小名の mastersii は「マスターズ(F. R. S. Masters)さんの」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Cymbidium mastersii


★開くとも言えずに開く花姿
 じっと見つめる腕組みながら


シンビジウム・マスターシー

花図鑑
植物図鑑





デンドロビウム・パルテニウム

学 名 Dendrobium parthenium
分 類 ラン科セッコク属
原 産 カリマンタン島のキナバル山
タイプ 多年草/着生ラン
備 考 開花時期は秋~冬、花の色は白い
撮 影 08/11/02つくば植物園


デンドロビウム・パルテニウム

今日の花ドットコム
花図鑑
長葉山椒草(ナガバサンショウソウ)

長葉山椒草(ナガバサンショウソウ)はイラクサ科サンショウ属の多年草である。
宮崎県と長崎県対馬に分布し、山地の林の中に生える。
種小名 yosiei は発見者の吉江清朗氏に由来する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
中央脈に沿って白い斑が入ることが特徴である。
雌雄異株である。
開花時期は10月から4月くらいである。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Pellionia yoshiei


★細長い斑入りの葉っぱが特徴だ
 地を這う姿に原始感じて


長葉山椒草(ナガバサンショウソウ)

今日の花ドットコム
花図鑑
ボルネオ素馨(ボルネオソケイ)

ボルネオ素馨(ボルネオソケイ)はモクセイ科ソケイ属の蔓性常緑低木である。
原産地は熱帯アジアである。
茎はつけ根の部分からよく枝分かれをし、絡みついて蔓状に伸びる。
葉は卵形である。
開花時期は10月から5月である。
枝先や枝先近くに総状に白い花をつける。
花径は2センチから3センチで、花冠は6つから8つに大きく裂ける。
裂片の先は尖り、星形となる。
そこから星素馨(ホシソケイ)の別名がある。
花はよい香りがする。
英名はスタージャスミン(star jasmine)である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Jasminum multiflorum


★ふくよかな香りを放ち真っ白な
 花を咲かせるボルネオ素馨


ボルネオ素馨(ボルネオソケイ)

今日の花ドットコム
花図鑑
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]