忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 05  2019/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雄宝香(オタカラコウ)

雄宝香(オタカラコウ)はキク科メタカラコウ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地や亜高山の谷川沿いや林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、シベリア、ヒマラヤなどにも分布する。
草丈は1~2メートルくらいである。
葉は円形である。
根際から生える葉には長い柄がある。
近縁種の雌宝香(メタカラコウ)の場合は、葉のつけ根のほうの両端が尖る。
開花時期は7~9月である。
花穂の下から順番に、黄色い花(頭花)をたくさんつける。
1つの花には黄色い舌状花が5~9枚あり、真ん中には黄色い筒状花が10個以上固まってつく。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
「宝香」というのは、防虫剤や香料にする竜脳香のことである。
根や茎の香りが竜脳香に似ていることと、近縁種の雌宝香(メタカラコウ)に比べて大形であることなどが名の由来となっている。
属名の Ligularia はラテン語の「ligula(舌)」からきている。小さい舌状の花弁から名づけられた。
種小名の fischeri はロシアの分類学者「フィシャーさんの」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Ligularia fischeri


★大輪を薄暗がりに広げ咲く
 雄宝香の花は豪華に


雄宝香(オタカラコウ)

花図鑑
植物図鑑






PR
尾瀬水菊(オゼミズギク)

尾瀬水菊(オゼミズギク)はキク科オグルマ属の多年草である。
尾瀬や東北地方に分布し、山地の湿地に生える。
分類上は、水菊(ミズギク)の変種である。
水菊(ミズギク)は北海道から本州の近畿地方にかけて分布し、九州の宮崎県にも隔離分布をする。
違いは、尾瀬水菊(オゼミズギク)のほうが上部の葉の裏側に腺点(蜜などの粘着物質を出す腺が突起したもの)が多いことである。
草丈は25~50センチくらいである。
根際から生える葉はさじ形で、茎につく葉は披針形である。
茎につく葉は、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にぎざぎざはない(全縁)。
開花時期は8~9月である。
茎先に花径3~4センチの黄色い花(頭花)を1つ上向きにつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Inula はオオグルマの古代ラテン名からきている。
種小名の ciliaris は「縁毛のある」という意味である。
変種名の glandulosa は「腺のある」という意味である。
写真は9月に尾瀬の大江湿原で撮った。
学名:Inula ciliaris var. glandulosa


★湿原に背は低くして大輪の
 黄が鮮やかな尾瀬水菊咲く


尾瀬水菊(オゼミズギク)

花図鑑
植物図鑑






カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]