忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 03  2019/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[747] [746] [745] [744] [743] [742] [741] [740] [739] [738] [737
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)

細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)はメギ科ヒイラギナンテン属の常緑低木である。
原産地は中国である。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
樹高は1~2メートルである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は細長い楕円形である。
小葉の縁には先が棘状に尖ったぎざぎざ(鋸歯)がある。
近縁種の柊南天(ヒイラギナンテン)に比べて葉が細いのが名の由来である。
開花時期は9~10月である。
葉の脇に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
花弁のように見えるのは萼片である。
花弁は萼片の内側にある。
実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、翌年の2~3月に藍色に熟する。
柊南天(ヒイラギナンテン)とは開花時期、結実時期が異なる。
属名の Mahonia はアメリカの植物学者「マホン(B. Mc. Mahon)さん」にちなむ。
種小名の fortunei は東アジアの植物採集家「フォーチュンさんの」という意味である。
写真は9月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Mahonia fortunei


★秋に咲く柊南天あるのだと
 樹木の不思議肌で感じて


細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)

花図鑑
植物図鑑






PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]