忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インド蛇木(インドジャボク)

インド蛇木(インドジャボク)はキョウチクトウ科インドジャボク属の常緑小低木である。
原産地はインド、パキスタン、ミャンマー、タイ、マレー半島、ジャワなどである。
湿気のある林の中に生える。
根が蛇の咬傷や虫刺されに効くということで、インドでは古くから民間薬として用いられてきた。
また、血圧降下薬のレセルピンなどが抽出されて脚光を浴びた。
樹高は30~100センチくらいである。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は周年である。
葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、筒状の
花をつける。
花冠は内側が白く、外側は淡い紅色を帯びる。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黒く熟する。
和名の由来は、インドに産し根の形が蛇のようだということからきている。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Rauwolfia serpentina


★後ずさりするではないが近寄れぬ
 魔力のあるやインド蛇木は


インド蛇木(インドジャボク)

花図鑑
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]