忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白花椿葛(シロバナツバキカズラ)

椿葛(ツバキカズラ)はユリ科(サルトリイバラ科)ツバキカズラ属の常緑蔓性多年草である。
原産地はチリで、中央部から南部にかけての山地に生える。
1属1種である。
学名からラパジュリア・ロセアで表示する場合もある。
属名の片仮名表記は「ラパゲリア」とするものもある。
チリの国花である。
夏の高温に弱く、栽培はややむずかしい。
蔓を伝って伸び、草丈は3メートルくらいになる。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、先は長く尖る。
開花時期は周年である。
葉の脇から紅色の筒形の花を下垂させて咲かせる。
ユリ科の他の植物とは違って、花びらは反り返らない。
白花のものもあり、白花椿葛(シロバナツバキカズラ)という。
写真は3月に川口グリーンセンターの温室で撮った。
学名:Lapageria rosea var. albiflora(白花)


★垂れ下がり咲いた姿は楚々として
 チリの国花は静かなる花


白花椿葛(シロバナツバキカズラ)

花図鑑
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]