忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 05  2019/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2] [3] [4] [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

竜脳菊(リュウノウギク)

竜脳菊(リュウノウギク)はキク科キク属の多年草である。
福島県・新潟県以西の本州から九州にかけて分布し、低山の日当たりのよい草地に生える。
名の由来は、全体の香りが「竜脳」に似ているところからきている。
竜脳というのは、フタバガキ科の竜脳樹(リュウノウジュ)の樹脂から産する香料のことである。
草丈は30~90センチくらいになる。
葉は互い違いに生える(互生)。
卵形ないし広めの卵形をしていて3つに裂ける。
葉の縁に大きなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には毛が密生し、灰白色を帯びる。
開花時期は10~11月である。
白くて中心部が黄色い花(頭花)をつける。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Chrysanthemum makinoi(=Dendranthema japonicum)


★ボルネオの香りこれかと近づけば
 竜脳菊は地を這うように


竜脳菊(リュウノウギク)

花図鑑
PR
苗代茱萸(ナワシログミ)

苗代茱萸(ナワシログミ)はグミ科グミ属の常緑低木である。
関東地方以西の本州から九州にかけて分布し、丘陵帯や山地帯の下部に生育する。
名の由来は、苗代を作るころに果実が実ることからきている。
樹高は2~3メートルである。
よく枝分かれし、ところどころに棘がある。
葉は縁が波打っている。
葉の表面には、星状の毛が点々とある。
また、裏面には星状の毛が密生し、褐色の鱗片が転々とある。
開花時期は10~11月である。
四枚の花弁のように見える萼弁からなる、白い地味な花を下向きにつける。
雄しべが4本ある。
結実期は翌年の4~5月である。
実は比較的小さく、赤く熟したものは食べられる。
花の写真は10月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
実の写真は4月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
学名:Elaeagnus pungens


★実のほうが有名だけど花だって
 見て欲しいのと苗代茱萸は


苗代茱萸(ナワシログミ)

花図鑑
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]