忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 05  2019/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2] [3] [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水心鏡(スイシンキョウ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
水心鏡(スイシンキョウ)はその栽培品種の1つである。
野梅系・野梅性の白い八重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
江戸時代から続く古い品種で、原木は千葉大の梅林にある。
花の色は咲き始めが黄白色で、咲き進むと白くなる。
開花時期は2月から3月である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Suishinkyo


★静やかに花を開いているんだね
 心和ます水心鏡は


水心鏡(スイシンキョウ)

今日の花ドットコム
花図鑑
PR
谷の雪(タニノユキ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
谷の雪(タニノユキ)はその栽培品種の1つである。
豊後系・豊後性の白い一重咲きの大輪(30から40ミリ)である。
比較的遅咲きである。
開花時期は2月から4月である。
写真は2月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Taninoyuki


★悠然と花を広げる谷の雪
 一重なれども花は大きく


谷の雪(タニノユキ)

今日の花ドットコム
花図鑑
初雁(ハツカリ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
初雁(ハツカリ)はその栽培品種の1つである。
野梅系・野梅性の白い一重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
早咲きの品種である。
初雁が来る頃に咲くというのが名の由来である。
花弁は丸いが重ならない。
開花時期は1月から2月である。
写真は2月に向島百花園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Hatsukari


★寒さなどものともせずに一番槍
 初雁の花風に抗い


初雁(ハツカリ)

今日の花ドットコム
花図鑑
酔月(スイゲツ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
酔月(スイゲツ)はその栽培品種の1つである。
野梅系・青軸性の白い一重咲きの小輪(15から20ミリ)である。
開花時期は2月から3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Suigetsu


★こじんまりしてはいるけど酔月の
 花はきりりと引き締まり咲き


酔月(スイゲツ)

今日の花ドットコム
花図鑑
長寿(チョウジュ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
長寿(チョウジュ)はその栽培品種の1つである。
野梅系・野梅性の白い八重咲きの中輪(20~25ミリ)である。
香りが強いのが特徴である。
青梅市で栽培されてきた。
開花時期は2~3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Choju


★おめでたい名前で高き香を放つ
 長寿の花は重なるように


長寿(チョウジュ)

今日の花ドットコム
花図鑑
甲州最少(コウシュウサイショウ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
甲州最少(コウシュウサイショウ)はその栽培品種の1つである。
野梅性の白い一重咲きの小輪(15から20ミリ)である。
萼は紅緑色である。
実梅とされ、小梅がたくさん採れる。
花粉が多く、受粉樹としても使われる。
開花時期は2月から3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Koshusaisho


★小さくて花もいいけど実もいいよ
 食べてごらんよ病みつきになる


今日の花ドットコム
花図鑑
都錦(ミヤコニシキ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
都錦(ミヤコニシキ)はその園芸品種の1つである。
野梅系・野梅性の白い八重咲きの中大輪(25~30ミリ)である。
紅白に咲き分けるが、紅色の出現する確率は低い。
蕾は紅色で、花弁は波打つ。
開花時期は2~3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Miyakonishiki


★咲き分けた姿をいつか見てみたい
 都錦に夢を描いて


都錦(ミヤコニシキ)

今日の花ドットコム
花図鑑
鶯の谷(ウグイスノタニ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
鶯の谷(ウグイスノタニ)はその園芸品種の1つである。
野梅系の白い一重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
比較的早咲きの品種である。
花の色は白に淡いピンクがかかり、萼は淡い紅色である。
開花時期は1月から2月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Uguisunotani


★さり気なく咲いた姿が春を待つ
 二月の似合う鶯の谷


鶯の谷(ウグイスノタニ)

今日の花ドットコム
花図鑑
玉英(ギョクエイ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
玉英(ギョクエイ)はその園芸品種の1つである。
野梅系・野梅性の白い一重咲きの中大輪(25~30ミリ)である。
花弁は波打つ。
青梅市原産で、実梅ともされる。
開花時期は2月から3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Gyokuei


★さり気なく咲けば仄かに香り来る
 玉英の花自然の姿


玉英(ギョクエイ)

今日の花ドットコム
花図鑑
芳流閣(ホウリュウカク)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
芳流閣(ホウリュウカク)はその園芸品種の1つである。
野梅系・野梅性の白い一重咲きの大輪(30~40ミリ)である。
花弁の形は丸い。
実梅ともされる。
開花時期は2~3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Horyukaku


★一重でも大輪なればよく目立つ
 芳流閣の花びら丸く


芳流閣(ホウリュウカク)

今日の花ドットコム
花図鑑
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]