忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 05  2019/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2] [3] [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大輪緑萼(タイリンリョクガク)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
大輪緑萼(タイリンリョクガク)はその園芸品種の1つである。
野梅系・青軸性の白い八重咲きの大輪(30~40ミリ)である。
枝や萼は緑色である。
花弁の先には小さな切れ込みがある。
開花時期は2~3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Tairinryokugaku


★どんと咲く花の姿は見事なり
 色の違いはいずこにありと


大輪緑萼(タイリンリョクガク)

今日の花ドットコム
花図鑑
PR
月の桂(ツキノカツラ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
月の桂(ツキノカツラ)はその園芸品種の1つである。
野梅系の白い一重咲きの中輪(花径20~25ミリ)である。
早咲きの品種である。
開花時期は1~3月で、花の色には青みが加わる。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Tsukinokatsura


★寒風もものともせずに花開く
 月の桂は丹精な花


月の桂(ツキノカツラ)

今日の花ドットコム
花図鑑
冬至梅(トウジバイ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
冬至梅(トウジバイ)はその園芸品種の1つである。
野梅系の白い一重咲きの中輪(花径20~25ミリ)である。
早咲きの品種である。
開花時期は12~2月である。
俳句の季語は冬である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Touji


★早さなら負けはしないと冬至梅
 飾らぬけれど自然の姿


冬至梅(トウジバイ)

今日の花ドットコム
花図鑑
月宮殿(ゲッキュウデン)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
月宮殿(ゲッキュウデン)はその園芸品種の1つである。
野梅系の白い八重咲きの大輪(花径30~40ミリ)である。
満月を連想しての命名であろうか。
開花時期は2~3月である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Gekkyuden


★名に負けず見事に開く大輪の
 月宮殿は香り仄かに


月宮殿(ゲッキュウデン)

今日の花ドットコム
花図鑑
白加賀(シロカガ)

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
白加賀(シロカガ)はその栽培品種の1つである。
読み方は「シラカガ」とするものもある。
実梅系の白い一重咲きの中輪(花径20~25ミリ)である。
江戸時代から「加賀白梅」と呼ばれて親しまれてきた。
関東地方を中心に、梅干用や梅酒用として栽培されてきたが、観賞用ともされる。
開花時期は2~3月である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Prunus mume cv. Shirokaga


★実梅とは知らなかったよ白加賀が
 咲けば季節は変化の兆し


白加賀(シロカガ)

今日の花ドットコム
花図鑑
カメリア・ユーシエネンシス

カメリア・ユーシエネンシスはツバキ科ツバキ属の常緑樹である。
原産地は中国の湖南省である。
中国名は「攸県油茶」という。
椿油を採集するために栽培されている。
開花時期は2~3月である。
花は白い一重咲きで、よい香りがする。
写真は2月に新宿御苑で撮った。
学名:Camellia yuhsienensis


★さっぱりと咲いた姿は自然体
 開いた花は捩れるように


カメリア・ユーシエネンシス

今日の花ドットコム
花図鑑
編目耳掻草(アミメミミカキグサ)

編目耳掻草(アミメミミカキグサ)はタヌキモ科タヌキモ属の多年草である。
インドやスリランカに分布し、湿地に生える食虫植物である。
開花時期は冬~春である。
花径は5ミリくらいで、淡い紅紫色をしている。
花の形は半球形で、唇弁に網目状の模様が入るのが特徴である。
後ろに伸びる距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)は弓状である。
学名のウトリキュラリア・レティキュラータで表示するものもある。
写真は1月に小石川植物園で撮った。
学名:Utricularia reticulata


★小さくて欲しくなるよね虫眼鏡
 どんな動きか調べてみたい


編目耳掻草(アミメミミカキグサ)

今日の花ドットコム
花図鑑
インド栴檀(インドセンダン)

インド栴檀(インドセンダン)はセンダン科センダン属の常緑高木である。
原産地はインドである。
暖かい海岸地方に生える。
今ではアフリカや中南アメリカなどの熱帯地方に広く植えられている。
英名はニーム(neem)である。
虫除けの木として知られる。
樹高は20メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は披針形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は1月から4月くらいである。
葉の脇から円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、白い5弁花をたくさんつける。
花径は1センチくらいで、甘い香りがする。
花の後にできる実は楕円形で、黄色く熟する。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Antelaea azadirachta(=Azadirachta indica)


★虫除けの効果はとても強いんだ
 自然と生きる暮らしのホープ


インド栴檀(インドセンダン)
今日の花ドットコム
花図鑑
尖り葉椿(トガリバツバキ)

尖り葉椿(トガリバツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
原産地は中国の南部で、雲南省などの標高400~1000メートルの山の斜面に生える。
漢名は「尖葉山茶」である。
学名からカメリア・カスピダータ、あるいはカメリア・クスピダータとする場合もある。
樹高は1~3メートルくらいである。
葉は長さ3~9センチの楕円形で、先は尾状に尖る。
開花時期は1~3月くらいである。
花の色は白く、花径は20~25ミリくらいと小さい。
花びらの数は6~7枚である。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
油料植物とされる。
また、多くの交雑種の交配親となっている。
写真は12月に小石川植物園で撮った。
学名:Camellia cuspidata

★尖った葉個性に満ちたその姿
 花は小さくたくさんついて

尖り葉椿(トガリバツバキ)

今日の花ドットコム
花図鑑
島車輪梅(シマシャリンバイ)

島車輪梅(シマシャリンバイ)はバラ科シャリンバイ属の常緑小高木である。
小笠原諸島の固有種である。
方言名はアレキサンドルである。
これは材が固いことからax handle(斧の柄)と呼ばれたのが転訛したものである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の表面は艶があり、裏面の網状の脈は褐色を帯びる。
開花時期は12~3月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、「梅」に似た白い5弁花をつける。
花にはよい香りがある。
実は直径1センチくらいの液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黒紫色に熟する。
写真は2月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Rhaphiolepis wrightiana

★満開の花の姿をいつの日か
 彼の地に見たい島車輪梅

島車輪梅(シマシャリンバイ)

今日の花ドットコム
花図鑑
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]