忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[610] [609] [608] [607] [606] [605] [604] [603] [602] [601] [600
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

八丈草苺(ハチジョウクサイチゴ)

八丈草苺(ハチジョウクサイチゴ)はバラ科キイチゴ属の落葉小低木である。
関東地方南部、伊豆諸島、山口県、九州、小笠原諸島の父島などに分布し、海岸近くに生える。
和名の由来は、八丈島で発見されたことからきている。
かつては父島に分布するものは島三つ葉木苺(シマミツバキイチゴ:Rubus nishimuranus)と呼び、父島の固有種と見なされていたが、現在では同一種とされるようになった。
本種は梶苺(カジイチゴ)と草苺(クサイチゴ)との自然交雑種と考えられている。
梶苺(カジイチゴ)との違いは、枝に棘があることである。
樹高は30~40センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
小葉の縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は3~5月くらいである。
枝先に白い5弁花を上向きにつける。
結実期は5~6月である。
花の後にできる実はキイチゴ状果(集合核果) である。
赤く熟した実は食べられるが、酸味がある。
属名の Rubus はラテン語の「ruber(赤)」からきている。赤い実がなることから名づけられた。
種小名の nishimuranus は小笠原植物の採集者「西村茂樹さんの」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Rubus x nishimuranus


★その由来聞けば納得するけれど
 わからぬことの多さを嘆き


八丈草苺(ハチジョウクサイチゴ)

今日の花ドットコム
花図鑑
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]