忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[608] [607] [606] [605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天の梅(テンノウメ)

天の梅(テンノウメ)はバラ科テンノウメ属の常緑小低木である。
鹿児島県の南部から沖縄にかけてと小笠原諸島に分布し、海岸の石灰岩上に生える。
海外では、台湾、中国南部、ハワイにも分布する。
別名を磯山椒(イソザンショウ)ともいう。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は20センチくらいである。
地を這って1~3メートルくらいまで広がる。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は楕円形である。
葉には艶があり、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は4~5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い小さな花を疎らにつける。
花径は1センチくらいで、花弁は5枚である。
花の後にできる実は小さな球形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、赤く熟する。
属名の Osteomeles はギリシャ語の「osteon(骨)+melon(リンゴ)」からきている。骨質の果実の様子から名づけられた。
種小名の anthyllidifolia は「(マメ科の)アンティリス属(Anthyllis)のような葉の」という意味である。
変種名の subrotunda は「やや円形の」という意味である。
写真は5月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Osteomeles anthyllidifolia var. subrotunda


★やっとだよ出合い叶った天の梅
 その小ささに目を細め見る


天の梅(テンノウメ)

今日の花ドットコム
花図鑑
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]