忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[737] [736] [735] [734] [733] [732] [731] [730] [729] [728] [727
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大泡立草(オオアワダチソウ)

大泡立草(オオアワダチソウ)はキク科アキノキリンソウ属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
日本へは明治時代に観賞用として渡来した。
今では各地に野生化して繁殖している。
草丈は50~150センチくらいである。
茎に毛は生えるが脱落しやすく、枝先付近に微毛が生える他は無毛である。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉先のほうの縁に不ぞろいなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質やや硬く、無毛でざらつかない。
開花時期は7~9月である。
茎先に黄色い花(頭花)を穂状につける。
花の周りには舌状花、真ん中には浅く5つに裂ける筒状花がある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
近縁種の背高泡立草(セイタカアワダチソウ)とよく似ているが、大泡立草(オオアワダチソウ)は開花時期が早いこと、茎や葉にはほとんど毛がないことなどで見分けられる。
和名の由来は、泡立草(アワダチソウ)に似ていて大形であることからきている。
泡立草(アワダチソウ)というのは秋の麒麟草(アキノキリンソウ)の別名である。
属名の Solidago はラテン語の「solidus(完全)+接尾語の ago(状態)」からきている。この属のある植物の傷薬としての評判からきたものと思われる。
種小名の gigantea は「巨大な」という意味である。
変種名の leiophylla は「滑らかな葉の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Solidago gigantea var. leiophylla


★夏空もものともせずに花つけて
 荒れ地大好きここは我が国


大泡立草(オオアワダチソウ)

花図鑑
植物図鑑






PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]