忍者ブログ
色別・月別の花図鑑です
<< 08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

胡麻木(ゴマギ)

胡麻木(ゴマギ)はスイカズラ科ガマズミ属の落葉小高木である。
「ゴマキ」と呼ばれることもある。
葉を揉むと胡麻(ゴマ)の香りが漂うというのが名の由来である。
日本固有種である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、湿気の多いところに生える。
樹高は3~7メートルくらいである。
枝葉が密に繁る。
葉は厚く、向かい合って生える(対生)。
葉の形は卵状の楕円形で、上半部に波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は葉脈に沿って皺が多く、葉脈がへこんでいる。
裏面には白い毛がある。
開花時期は4~5月である。
枝先に散房花序をつけ、花径1センチくらいの白い花が集まって咲く。
実は長楕円形をした核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、10月ころ赤く熟する。
属名の Viburnum はこの属1種のラテン古名だが意味はわかっていない。
種小名の sieboldii は日本植物の研究者「シーボルトの」という意味である。
写真は5月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Viburnum sieboldii


★どれどれと胡麻の香りを確かめつ
 胡麻木の花をしげしげ眺め


胡麻木(ゴマギ)

今日の花ドットコム
花図鑑
PR
キサントケラス・ソルビフォリア

キサントケラス・ソルビフォリアはムクロジ科キサントケラス属の落葉低木である。
原産地は、中国東北部、モンゴル、朝鮮半島である。
1属1種である。
中国名の文冠果(ブンカンカ)でも流通している。
樹高は3~8メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)である。
小葉の形は楕円形である。
開花時期は4~5月である。
花弁は5枚で、花の色は白い。
花弁のつけ根の部分は、はじめは淡い緑色で、咲き進むと黄色から淡い紅色へと変化する。
雄しべは8本、雌しべは1本である。
花弁と雄しべの間に花盤があり、黄色い蜜腺をもつ。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、中には黒褐色の種子がある。
熟した種子から搾った油は石鹸にしたり食用として利用される。
属名の Xanthoceras はギリシャ語の「xantho (黄色い)+ceras (つの)」からきている。花弁の間に角状に突き出た黄色い腺があることから名づけられた。
種小名の sorbifolia は「ナナカマド属(Sorbus)のような葉の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Xanthoceras sorbifolia


★花色がとてもきれいな文冠果
 つられるように樹に近づいて


キサントケラス・ソルビフォリア

今日の花ドットコム
花図鑑
男ようぞめ(オトコヨウゾメ)

男ようぞめ(オトコヨウゾメ)はスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州の関東地方から九州にかけて太平洋側に分布し、日当たりの良い山地に生える。
不思議な名前である。
漢字名を調べたがわからなかった。
オトコは「男」であろうが、ヨウゾメはどう書くのだろう。
和名の由来は、ガマズミ類をさす木曽・下伊那地方の方言が「ヨウゾメ」で、他の果実は生食できるがこの果実は苦くて食べられないので「男」をつけたものである。
樹高は1~3メートルくらいである。
樹皮は灰褐色をしており、よく枝分かれする。
葉は広い卵形で、向かい合って生える。
長さ3~8センチ、幅2~4センチで、葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり、先は鋭く尖る。
葉の表面は濃い緑色で、裏面は白っぽい緑色である。
毛は少ない。
開花時期は4~5月である。
枝先から小さめの散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、花径5~10ミリくらいの小さな白い花を数個つける。
合弁花で先が5つに裂け、裂片は平たく開く。
花の後にできる実は楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、9~10月に赤く熟する。
材は道具の柄などに使われる。
属名の Viburnum はこの属1種のラテン古名だが意味はわかっていない。
種小名の phlebotrichum は「有毛脈のある」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viburnum phlebotrichum


★垂れ下がる白い花びら雨にぬれ
 オトコヨウゾメ痩せ我慢なり


男ようぞめ(オトコヨウゾメ)

今日の花ドットコム
花図鑑
オスマンツス・デラバイ

オスマンツス・デラバイはモクセイ科モクセイ属の常緑低木である。
原産地は中国である。
樹高は2~5メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は革質である。
開花時期は3~4月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白くて香りのよい小さな花をたくさんつける。
花冠は4つに深く裂ける。
属名の Osmanthus はギリシャ語の「osme(香り)+anthos(花)」からきている。
種小名の delavayi はフランス人の植物収集家「デラベイさん(A. Delavay)の」という意味である。
写真は3月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Osmanthus delavayi(=Osmarea delavayi)


★春の陽に溶け込むようにこぼれ咲く
 デラバイの花香り豊かに


オスマンツス・デラバイ

今日の花ドットコム
花図鑑
アネモネ・ネモロサ

アネモネ・ネモロサはキンポウゲ科イチリンソウ属(アネモネ属)の多年草である。
原産地は北ヨーロッパ、トルコ、アジア北西部である。
和名は藪一華(ヤブイチゲ)という。
英名はウッド・アネモネ(wood anemone)である。
草丈は10~15センチくらいである。
根際から生える葉は手のひら状に深く裂ける。
開花時期は4~5月である。
茎先に1輪ずつ白い花をつける。
花径は2~4センチくらいある。
花弁のように見えるのは萼片である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Anemone はギリシャ語の「anemos(風)」からきている。
種小名の nemorosa は「森林生の」の意味である。
写真は5月にむさしの山草会の野草展で撮った。
学名:Anemone nemorosa


★背が低くだけど大きな八重の花
 屈んで見てと呟き聞こえ


アネモネ・ネモロサ

今日の花ドットコム
花図鑑
アネモネ・ブランダ

アネモネ・ブランダはキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸の東部地域である。
岩の多い場所や開けた森などに生える。
和名は花アネモネ(ハナアネモネ)である。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、小葉には切れ込みがある。
開花時期は3~4月である。
茎先に1輪ずつ花径2~4センチくらいの白い花をつける。
花の色は青紫色やピンクのものもある。
花弁のように見えるのは萼片である。
雄しべ、雌しべはたくさんある。
英名はグレシアン・ウインドフラワー(Grecian windflower)である。
グレシアンは「ギリシャの」という意味である。
属名の Anemone はギリシャ語の「anemos(風)」からきている。
種小名の blanda は「愛らしい」という意味である。
上の写真は4月に東京都薬用植物園で撮った。
下の写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
ホワイトスプレンダー(White Splendour)という園芸品種である。
学名:Anemone blanda
学名:Anemone blanda 'White Splendour'


★妖精を思わすような白い花
 黄金の雄しべアクセントにして


アネモネ・ブランダ

今日の花ドットコム
花図鑑
アンドロサケ・カルネア

アンドロサケ・カルネアはサクラソウ科トチナイソウ属の多年草である。
原産地はアルプス山脈及びピレネー山脈である。
標高1200メートルから3000メートルの湿った岩場に生える。
草丈は5センチから15センチくらいである。
根際から生える葉は細い線形である。
自生地での開花時期は7月から8月である。
日本では3月から5月に花をさかせる。
茎先に数輪の白い小さな5弁花をつける。
花の色は桃色を帯びるものもある。
喉の部分は黄色である。
雄しべは5本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Androsace の語源は「andros(雄)+sakos(楯(たて)」である。
種小名の carnea は「肉色の」という意味である。
写真は3月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Androsace carnea


★いかにもの高山の花背は低く
 風に負けずに綺麗に咲いて


アンドロサケ・カルネア

今日の花ドットコム
花図鑑
深山傍食(ミヤマカタバミ)

深山傍食(ミヤマカタバミ)はカタバミ科カタバミ属の多年草である。
東北地方の南部から四国にかけて分布し、山地や亜高山の林の中に生える。
海外では、中国やヒマラヤにも分布する。
草丈は10センチから20センチである。
地下茎から長い柄を出し、ハート形の小葉を3枚つける。
開花時期は3月から5月である。
茎先に花径3、4センチくらいの白い5弁花を1つつける。
花びらに淡い紫色の筋が入る。
花の色は紅紫色のものもある。
花は日光が当たっていないと開かず、夕方には閉じてしまう。
花の真ん中にはつけ根から5つに分かれた雌しべの花柱があり、周りには10本の白い雄しべがある。
写真は5月に上高地で撮った。
学名:Oxalis griffithii


★少しだけ花びら開けてみようかな
 深山傍食陽にほだされて


深山傍食(ミヤマカタバミ)

今日の花ドットコム
花図鑑
フォザギラ・ガーデニー

フォザギラ・ガーデニーはマンサク科シロバナマンサク属の落葉低木である。
原産地は北アメリカである。
樹高は1、2メートルくらいである。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から5月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花弁の色は白く、糸状である。
写真は4月に埼玉県立花と緑の振興センターで撮った。
学名:Fothergilla gardenii


★遠目には蕾のように見えるけど
 あれ花びらがタワシのように


フォザギラ・ガーデニー

今日の花ドットコム
花図鑑
オランダ耳菜草(オランダミミナグサ)

オランダ耳菜草(オランダミミナグサ)はナデシコ科ミミナグサ属の越年草である。
明治末期に渡来したヨーロッパ原産の帰化植物で、畑地や道端に普通に生える。
草丈は20センチから30センチである。
全草が柔らかい毛に覆われている。
葉は卵形ないし長い楕円形で、向かい合って生える。
柔らかな葉の形を鼠や猫の耳に譬えたのが名の由来である。
開花時期は4月から5月である。
茎先に白い五弁花がまとまってつく。
日本在来の耳菜草(ミミナグサ)よりも花柄が短いので、花が集まったように見える。
また、在来種は茎の色が暗い紫色を帯びる。
写真は4月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Cerastium glomeratum


★ふんわりと柔らかい葉の耳菜草
 探してみよう春の野原で


オランダ耳菜草(オランダミミナグサ)

今日の花ドットコム
花図鑑
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター



楽  天
PR


AmazonStore
by amanatu

最新CM
[10/06 ニコラス・屁イジ]
[09/09 龍]
[09/08 ひとえ]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析




Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]